Editions M.R "John Boxy Sweater"


*タップして画像大きくなります


BRAND / Editions M.R

MODEL / John Boxy Sweater

PRICE / ¥35,000 + tax

COLOR / Greige

SIZE / S / M

MATERIAL / メリノウール90% カシミア10%



先月末から急激に人気、と言うかそれしか売れていないんじゃないかという、アウターとニット。


アウターはもちろんニットもやはりこの寒さだと手が伸びますね。


割と厚手のニットが人気な様ですが、本日はハイゲージの物を紹介しようと思います。





EELやmasao shimizuのニットと違い、Editions M.Rのニットは細身でシックな作り。


デザインも削ぎ落とされていて、トレンドは一切無視の永遠の定番モデルのような佇まい。


一枚で着ても良いですが、ジャケットやコートといったフォーマルアイテムに合わせる時に、先ほど言った他のブランドには出ないブリティッシュトラッドの様な大人な雰囲気が出せるかなと思います。


ただ百貨店に入っている様なブランドでもやっている事なので、差別化が難しいんですよね。


絶対こういったアイテムに対して無印で良いだろって人はいますからね。





で、そこの差別化においてはこのニット、カシミアを使用。


画像では普通のハイゲージニットに見えますが、触った感じはフワッフワの非常に滑らかな表面をしています。


かといってメリノが大半なので生地としても丈夫で、カシミア100%よりも扱いやすい。


この扱い易さに関しては、カシミア100%はもちろん虫食いがありますね。


そして柔らかい分、縫製部分から破れたり損傷が出たりします。


たぶんカシミア100%だったら10万クラスでないと、服としてずっと着ることは出来ないと思っています。今の所。


だからこの生地、シルエットで¥35,000+taxは間違いなくお買い得だと思いますね。





前に紹介したStanilas Crew Neckにデザインが似ているのですが、首元のデザインだけ違っていてリブ編みとヘリンボーンが半々になった様な首元。


色表記はグレージュですが、肉眼ではダーティーホワイトくらいなエクリュっぽ良い色。


これがまさにおパリ!


パリって中間色なイメージなんですけど、まさにそれ!


確か他にも色があったのですが迷わずこの色をチョイス。


素晴らしい色してます。






ほんの少しですがリブが長め。


ハイゲージニットにありがちなピチピチした袖口や裾まわりという感じはなく、ストンと落ちる作り。


と言うか、カシミア混の生地って事もあって全体的に締め付けられる感じがなくてめちゃ着易い。





Editions M.Rって大手がビームスがやってるくらいで、凄い知名度が高いとかでは無いんですが、大人の方がよく食いついてくれます。


多分これだけシンプルなのに、マシューのセンスがロゴや奇抜なデザインを必要としなくても惹きつける魅力ある服にさせているんだと思います。


「シャレてる」ってこう言うことか、と気づかせてくれます。


是非みなさんもパリの息吹を感じて下さい。



*通販サイトはこちら


*通販未掲載商品も通販も承っております。

気になることありましたらお気軽にお問い合わせください。

メールにて返信がない場合はお電話でお問い合わせください。


問い合わせ

TEL 054-260-7227

MAIL acacia.shizuoka@gmail.com


acacia

住所 静岡県静岡市葵区七間町7-8 Tel 054-260-7227 定休日 / 木曜日 OPEN 11:00 ~ 20:00

0コメント

  • 1000 / 1000